エレベーターメンテナンスが命を守る【点検して快適利用を実現】

専門職に任せる

パソコン操作

設計管理とは何なのかと思う方がいるはずです。設計にあたっての管理を行う人のことをいうのですが、管理の仕方にも種類があるのでしっかりと考えてから任せるようにしましょう。

Read More...

設計を考える際のプロ

ビル

設計管理を建設設計に精通している専門の業者にまかせるということは、その建物の、設計、管理、調査にとどまらず、これからの管理の面においても必ずプラスになることは間違いないので、設計管理をおおなう場合は相談してみましょう。

Read More...

設計管理を任せる

打ち合わせ

明治に入って西洋から近代建築が入ってくるまでは家の図面は大工が描いていました。自分で描いた図面したがって家を建てていましたので、自分自身で設計管理をしていたことになります。しかし、現在では違います。

Read More...

設置とメンテナンス

エレベーターボタン

住宅でも注目のスプリンクラー設置費用

住宅へのスプリンクラーの設置では、設備本体のコストと取り付けコストがかかります。 設備として、1件の住宅全体のスプリンクラーを作動させるために必要なコントロールユニットを1台、各部屋の天井に設置するスプリンクラーヘッドは部屋数に応じて必要です。機種によっては、火災警報器と連動したシステムを採用している場合もあるため、さらに必要な設備がプラスされることもあります。コントロールユニットは30万円程度、スプリンクラーヘッドは1万円以下で購入できます。 設備工事では、スプリンクラー用の水を水道から引くための工事を行うので、住宅の構造や設置個所によって工事費用は異なります。個別に見積りを依頼するのが確実です。

スプリンクラー

スプリンクラー設備にまつわる話題が急に取り沙汰されるようになった背景には、人々の防災に対する考え方に変化があらわれていることが背景にあるといえます。 日本においては、先般の東日本大震災以降、防災に対する意識が格段に高まりを見せています。そんな中において、スプリンクラー設備についても、積極的に考えるべきだという意見が大半をしめるようになってきました。 スプリンクラー設備の費用については、決して安くはないということから、その設置について、二の足を踏むという老人ホームや介護施設などもあるとされ、問題になってきました。行政や自治体についても、スプリンクラー設備の普及を促進するためには、費用の一部を負担するなどの柔軟な対応が求められています。他にも、エレベーターなどはしっかりとメンテナンスを行なわなければ重大な事故に繋がってしまうので注意して管理していきましょう。

Copyright© 2015 エレベーターメンテナンスが命を守る【点検して快適利用を実現】All Rights Reserved.